肝機能障害LIVER DYSFUNCTION

肝機能異常と
言われたら?
  1. 血液検査 まず以下の値を総合的に分析する
    • ビリルビン
    • AST
    • ALT
    • γGTP
    • 血小板数
  2. 腹部エコー 以下の所見があるか?
    • 肝内のしこり
    • 胆道拡張

どの血液検査項目が増加していますか?

①肝細胞障害パターン AST・ALT増加

①肝細胞障害パターン
  • 肝以外の原因がないか? 甲状腺疾患 etc
  • 薬剤性肝障害を除外(服薬歴・サプリ摂取確認)
  • アルコール摂取量は?
  • 家族歴の確認。Wilson病 etc
  • 特定疾患に典型的なパターンがないか? AST・ALT比
A. 肝臓以外の疾患の関与

甲状腺疾患、心筋・横紋筋融解 etc

B. 薬剤性肝障害

アセトアミノフェン(解熱鎮痛薬)、メトトレキサート(リウマチ薬)

C. 飲酒

γGTP増加に、赤血球容積の増大を認める場合は関与を推測する

D. 家族歴

Wilson病~指定難病・常染色体劣性遺伝

E. ASTとALTの比から分析
  • AST>ALT 3倍以上は、アルコール関与を強く疑う
  • AST・ALT 1000U/L以上は、鑑別はウィルス肝炎、薬、虚血の3パターンを特に推測する
  • 脂肪肝疾患では ALT>ASTだが、2倍未満が通常である

②胆汁うっ滞パターン ALP・γGTP増加

②胆汁うっ滞パターン
A. ALPとγGTPの両方が上昇している場合には、
胆汁うっ滞の存在を示唆する
  • 薬剤性か? 服薬歴を確認
  • 腹部エコー 肝臓のしこりと胆道拡張の有無を確認
    → 異常なければ、抗ミトコンドリア抗体・抗核抗体を確認
B. γGTP単独の上昇
  • 飲酒量を確認する
    AST優位・赤血球容積増大があればアルコールの影響を強く考える。
C. ALP単独の上昇は肝臓以外の原因が大半

③ビリルビン単独上昇パターン ビリルビン増加

A. 間接ビリルビン優位
(溶血を否定して)

Gilbert症候群 日本人の2〜7%

B. 直接ビリルビン優位
直接ビリルビンの割合が15%超の場合には、Dubliln-Johnson症候群、Roter症候群。
TO TOP