胃・内視鏡検査ENDOSCOPY

検査当日

検査当日

朝食は取らないでください。水以外飲み物、薬などは飲まないでください。(コーヒー、ジュースは飲まないでください)タバコも吸わないでください。

受付

受付

受付でもらう問診票に記入していただきます。

診察室

診察室

胃内視鏡検査前に除泡剤(ガスコン)を飲みます。これは胃の内部をきれいにして、検査しやすい環境にするためです。

内視鏡室に入る

内視鏡室に入る

全処置室で準備。上着や義歯、時計、メガネを取っていただきます。女性の方は口紅を事前に落としておいてください。

咽頭麻酔(喉の麻酔)

咽頭麻酔(喉の麻酔)

麻酔薬を喉に噴霧します。少し喉に溜めておき、そのまま飲み込みます。

心電図

心電図

鎮静剤を使用していますので、眠っている状態です。眠っている状態でも体に心電図を付け患者さんの状態を常にチェックしています。
内視鏡診察室、診察室でモニタリングをしているので安心して検査を受けていただけます。

鎮静剤を注射

軽い鎮静剤を投与します。嗚咽(おえつ)もなく診察中は苦しくありません。マウスピースを噛みます。

内視鏡検査の開始

内視鏡検査の開始

鎮静剤を投与しておりますので、軽くウトウトと眠っているような状態です。

内視鏡の挿入

内視鏡の挿入

口から内視鏡を入れます。内視鏡検査の時間は5分から15分程度です。

検査

検査

咽喉、食道、胃の順で検査します。

ポリープがあった場合

何か異常などあれば鉗子で組織を採取し、あとで詳しく顕微鏡を使い検査を行います。生検組織診断も呼ばれます。

生検を採取、診断

専門の病理医に悪性度など詳しく調べて診断を行います。

検査後

検査後

リカバリー時間。鎮静剤を使用しているので体のふらつき、強い眠気が起こります。検査後は一時間程度ベットで休憩していただきます。診察室で心電図をモニターしておりますので安心です。鎮静剤を使用した場合、検査後の運転はなるべく避けてください。
胃内視鏡検査の時間は5-10分程度。全部で90分ほどかかります。

検査結果の説明

検査結果の説明

担当医師より検査結果の説明を行います。画像を見ながら説明いたしますので、気になる点があればご質問ください。

検査当日の注意事項

検査後の車、自転車の運転は大変危険です。検査当日はご家族の送迎、公共交通機関をご利用ください。

ページTOPへ