メディカルダイエット( GIP/GLP -1、GLP-1、SGLT2i )

メディカルダイエットをおすすめする方

  • これまで、自己流ダイエットで体重減少できなかった方
  • 食欲をコントロールできない方
  • 肥満による容姿や健康管理にお困りの方
  • 短期間で効果を出したい方
  • 初診を除いた再診継続は、オンライン診療を希望される方

肥満・ダイエット診療

初めに

肥満は高血圧症・糖尿病・脂質異常症などの生活習慣病をはじめとして、数多くの疾患と関連します。現在、世界人口の約3割にあたる21億人あまりは、過体重もしくは肥満とされ、2010年に肥満・過体重が原因で死亡した人の数は世界で340万人と推定されています。日本でも生活習慣の欧米化に伴い、確実に増加しています。
肥満症治療の中心は、食事・運動療法が主たる2本柱ですが、残念ながら、約95%の方は長期的には、それらの手段で体重減少を維持することが困難です。

現時点では『肥満外科手術』のみが、長期的な体重減少と肥満関連疾患の改善を図れることが証明されている唯一の方法となります。しかし、保険診療による手術適応には厳格な適格基準があり、まだまだ一般化されているとは言い難い状況です。

そこで当院では、食事・運動療法で長期的に成功しない患者さんに、あるいは上記の“肥満外科手術”適応外の患者さんに対して、保険外診療*自費診療 ですが、薬物療法を提案しています。

メディカルダイエット外来は、院長の外来日となりますので、
平日と第2・4土曜日となりますので、ご注意ください。

太っている? ~ その評価方法

医科学的には、まずは真の肥満かどうか、3つの指標を総合的に評価することが重要です。その結果、“肥満症”、もしくは“高度肥満症”と診断された場合、そのリスクを意識して治療することがさらに重要です。

主に使用する指標は以下の3つです。

① 体格指数=Body Mass Index(kg/m2)
身長と体重から算出

BMI(kg/m2)判定
BMI < 18.5低体重
18.5 ≦ BMI < 25普通体重
25 ≦ BMI < 30肥満(1度)
30 ≦ BMI < 35肥満(2度)
35 ≦ BMI < 40肥満(3度)
40 ≦ BMI肥満(4度)
高度
肥満症

② 内蔵脂肪蓄積

CTで計測して、100㎠以上であれば、内蔵脂肪型肥満と診断されます。

内臓脂肪蓄積の簡単な指標 → ウエスト周囲長
男性85㎝以上
女性90㎝以上

当院CTにて、
内臓脂肪量
計測可能!!!

③ 健康障害

  1. 耐糖能障害(2型糖尿病・耐糖能異常)
  2. 脂質異常症
  3. 高血圧
  4. 高尿酸血症・痛風
  5. 冠動脈疾患(狭心症・心筋梗塞)
  6. 脳梗塞・一過性脳虚血発作
  7. 非アルコール性脂肪肝疾患
  8. 月経異常・女性不妊
  9. 睡眠時無呼吸症候群
  10. 運動器疾患(変形性関節症、脊椎・膝・股関節)
  11. 肥満関連腎臓病
肥満は
万病のもと!!

治療

① 食事 → 25kcal/kg × 目標体重/日 以下の食事療法 が何より最も重要です。

② 運動 → 心疾患や整形疾患があれば、制限されることもありますが、自分なりに長期的に継続できるものを、工夫しながら継続しましょう。

3〜6ヶ月で、まずは現在の体重から3%の減量を目標 にしましょう。体重3〜5%の減少で脂質異常症、糖尿病、肝機能障害、高血圧などが改善するとされます。

③ 肥満外科手術 ~ スリーブ胃切除術

スリーブ胃切除術
スリーブ胃切除術
  • 18歳から65歳までの原発性(一次性)肥満
  • 6か月以上の内科的治療によっても、十分な効果が得られない BMIが35kg/㎡以上 の患者であって、糖尿病、高血圧症、脂質異常症、睡眠時無呼吸症候群のうち1つ以上を合併 していること。
  • 6か月以上の内科的治療によっても十分な効果が得られない BMIが32~34.9 の肥満症およびヘモグロビン(Hb)A1cが8.0%以上の糖尿病患者であって、高血圧症、脂質代謝異常、または閉塞性睡眠時無呼吸症候群(AHI ≧ 30の重症例)のうち1つ以上を合併 していること。

④ 薬物療法 → 食事や運動療法でうまくいかない…

自由診療 の下記製剤による
ダイエットの提案

当院で主に提案しているダイエット薬は、以下の3種類です。

  • マンジャロ®注 GIP/GLP-1作動薬
  • リベルサス®内服 GLP-1作動薬
  • ジャディアンス®内服 SGLT2阻害薬
作用機序 分類①
・GIP/GLP-1
・GLP-1
分類②
・SGLT2i
 
注射 マンジャロ®
内服 リベルサス® ジャディアンス®

作用機序が同系統の①マンジャロ®注もしくはリベルサス®内服単独、②別系統のジャディアンス単独、もしくは①と②の組み合わせとなります。

GIP/GLP-1とGLP-1

GLP-1は既に肥満症治療として海外では実用化されています。近い将来日本国内においても、“肥満症”への保険適応が予定されています。GLP-1とGIP/GLP-1のいずれも保険診療として、既に“2型糖尿病”の治療として日常臨床で広く使用されています。2型糖尿病の過体重症例においては、減量メリットがあることが認知されています。

GLP-1、GIP/GLP-1は、両者は作用機序が類似していますが、血糖の増多で作用関連強度が異なっています。共に、栄養を吸収する①小腸を中心として、②胃、③膵臓、④脳神経系、⑤肝臓、⑥筋肉、⑦心臓などの複数臓器に総合的に働きます。ダイエットにおける作用機序を要約すると、1.消化器系臓器に働き、血糖上昇を抑えやすい2.脳神経系に働き、胃内容排泄遅延作用をもたらすことから、自然な食事制限をやりやすい、の2点が最大の特徴です。

2型糖尿病を対象とした臨床試験の結果です。メディカルダイエットの対象集団とは異なりますが、2型糖尿病において血糖・体重共に改善している結果となっています。

SURPPASS J-mono ~Lancet Diabetes Endocrinol. 2022
体重のベースラインから投与52週間の変化量の推移(副次評価項目)

SGLT2i

肥満において、重要なキーとなるのは“血糖値”と“肝臓”です。

SGLT2受容体は、腎臓のみに存在し、かつ腎臓から糖を再吸収する役割を担っていることから、SGLT2受容体を阻害し、糖を体外に排泄することにより、血糖降下作用のみならず、糖ロス=カロリーロスに基づく体重低下が期待されます。また、SGLT2受容体を阻害することで、肥満にほぼ必発する脂肪肝の改善作用も期待できて、この点もダイエットに利点があります。ダイエットでは、口から入る、言わば入口の蛇口から入ってくる糖分に対して、出口つまり尿排泄の蛇口を大きく開けて、糖分を強制的に対外に出す作用があり、血糖ロス=カロリーロスの機序でのダイエットが期待できます。また、糖を肝臓に取り込む蛇口を締めることで脂肪肝の進行を抑止することで、肝臓という臓器の観点からも、ダイエットに対して相補的にメリットがあります。

しかし、GLP-1やGIP/GLP-1のように、食欲そのものを抑える効果は期待出来ないため、当院でのメディカルダイエットとしては、第2選択としています。

健康な人の血中グルコースの供給と利用

SGLT2阻害薬のみによる血中グルコースの変化

また、下記の項目に該当する方は、
メディカルダイエット自費診療の適応外となります。

  • 18歳未満の方
  • BMI(体重÷身長㎡)18未満の方
  • 妊娠中・授乳中の方
  • 膵炎・胆石症・胆嚢炎・腎機能障害のある方
  • 過去に大きな腹部手術を受けている方
  • 腸閉塞の既往のある方
  • 摂食障害の方
  • 内分泌疾患の方
  • 1型および2型糖尿病の方
  • ステロイドなどの薬剤による肥満である方
  • 多発性内分泌腫瘍症2型の既往があるご家族がいる方
  • そのほか医師の診察により不適応と判断された方

料金

マンジャロ
(注射)
2.5mg 2週間分(2本) 10,340円(税込)
2.5mg 1ヶ月分(4本) 20,680円(税込)
5mg 2週間分(2本) 16,500円(税込)
5mg 1ヶ月分(4本) 33,000円(税込)
ジャディアンス
(内服)
10mg 1ヶ月分(30錠) 13,200円(税込)
25mg 1ヶ月分(30錠) 18,700円(税込)
リベルサス
(内服)
3mg 1ヶ月分(30錠) 14,300円(税込)
7mg 1ヶ月分(30錠) 19,800円(税込)
14mg 1ヶ月分(30錠) 28,600円(税込)

初診料 : 3,300円(税込) ※保健診療ある時・かかりつけの方は不要。
再診療 : 1,650円(税込) ※保健診療ある時は不要。
採血・採尿検査一式 : 8,360円(税込) ※初回・必要時

2024.2 改訂

主な副作用とリスクについて

実際の診療における注意事項

  1. 初回は必ず対面診察にて適応可能かどうかを判断させていただきます。
  2. 初診時はオンラインでの診療は出来ません。
  3. 日本では肥満治療薬としての保険適応は無いため、全て自費診療となります。
  4. 他院で施行されて当院で継続を希望されるなどの場合、初回は必ず採血を行います。
  5. 再開を希望され御来院の際、最終受診から1年以上間隔があいているときは、初診扱いとなり、採血などの確認を行いますので、ご了承ください。
  6. 体調不良時や全く食事が摂れない状態などで使用しないでください。
  7. 未使用の場合は冷蔵庫で凍結させないよう保管してください。
  8. 使用後の針は医療廃棄物となります。当院へ持参もしくは当院宛にご郵送ください(送料はご負担ください。)
  9. 採血の結果により治療が受けられない場合があります。
  10. オゼンピック、リベルサス、マンジャロの医薬品と、それに関わる針、アルコール綿はいかなる場合におきましても、返品・返金はできませんのでご了承ください。
  11. 治療の効果は、体質や基礎疾患、食事や日々の運動量等にも影響を受け、絶対の効果を保証するものではありません。

可能性のある副作用や注意事項等

注射部位に内出血、赤み・腫れ・かゆみが起こることがあります。 胃部不快感、脱力感、倦怠感、嘔気、嘔吐、低血糖、下痢、便秘、頭痛、消化不良、疲労、めまい、腹痛といった症状がでることがあります。

未承認医薬品等(異なる目的での使用)に関する明記

  1. 未承認医薬品であることの明示
    リベルサスⓇ、マンジャロⓇ、ジャディアンス®は、医薬品医療機器等法において、「2型糖尿病」の効能・効果で承認されていますが、当院で行う肥満治療目的での使用については国内で承認されていません。
  2. 入手経路等
    国内の医薬品卸業者より国内承認薬を仕入れています。
  3. 国内の承認医薬品の有無
    国内で「肥満治療」の効能・効果で承認されている、GLP-1製剤とGLP-1/GIP 受容体作動薬はありません。
  4. 諸外国における安全性などに係る情報
    オゼンピック・リベルサス・マンジャロと同一成分の注射製剤が、米国FDA(アメリカ食品医薬品局)で肥満治療薬として承認されております。オゼンピック・リベルサス・マンジャロは糖尿病治療薬として承認されており、上記のような副作用のリスクがあります。
TO TOP