甲状腺THYROID

浮腫み、疲れや動機などが代表的な症状です。心疾患や関節痛、肝機能障害まで広範囲に関連するので、どの疾患も1度は甲状腺疾患を疑う必要があるほど、日常にありふれた疾患です。
甲状腺疾患は日本では500万人、10人に1人と言われるほどとにかく多い疾患であり、血液検査と超音波検査の2つが重要です。基本的なスクリーニングはこの2つ、数日で評価可能です。

良性疾患

①バセドウ病 ②橋本病 ③亜急性甲状腺炎 ④無痛性甲状腺炎

血液検査から紐解く診断フローチャート

血液検査から紐解く診断フローチャート

甲状腺疾患の血液検査は以下が重要です。ホルモン値2つと自己抗体3つを合わせた、合計5つです。

①甲状腺ホルモン 2つ
TSH、free T4
②自己抗体 3つ
TSHレセプター抗体=TRAb、抗サイログロブリン(Tg)抗体(Ab)=TgAb、抗ペルオキシダーゼ(TPO)抗体(Ab)=TPOAb

甲状腺疾患を要約すると 下記の3点が重要です。

  1. TSHは高いか低いか?
  2. 自己抗体は出現しているか?
  3. 超音波で結節があるか?

悪性疾患

①甲状腺乳頭がん・・・etc

バセドウ病

ドップラーエコーにて甲状腺内部血流がびまん性に異常豊富となり、上甲状腺動脈の流速が60m/s程度となっている症例です。

バセドウ病 バセドウ病
橋本病

背景甲状腺はいわゆる“粗雑”で、ぱっと見、すかすかしています。 悪性リンパ腫 を合併することもあり、生涯にわたって注意が必要です。

橋本病
甲状腺乳頭がん

甲状腺右葉に境界不整、辺縁不整、内部不均一で一部石灰化を伴い、長径30mm程度の内部血流を伴う腫瘤を認めます。甲状腺全摘に至りました。

甲状腺乳頭がん 甲状腺乳頭がん
甲状腺がん再発

甲状腺乳頭がん切除術後10年以上の時を経て、左側頸部リンパ節に再発した症例です。
左総頚動脈周囲に、10mmを超えるリンパ節腫脹を認め、再手術に至りました。腫大したリンパ節は辺縁不整・内部不均一で、“丸まった”(縦横比が高い)形です。
術後は定期的な頸部エコーを行いましょう。エコーの時間は、約5-10分程度です。

甲状腺がん再発 甲状腺がん再発 甲状腺がん再発 甲状腺がん再発
ページTOPへ